初めてのMyポーセラーツ
初めてのMyポーセラーツ

北海道札幌市ポーセラーツ教室Mittsuです。


生まれも育ちも札幌

夫、子供(中学生、小学生)の4人家族です

 

 

結婚前はツアーコンダクターとして

国内をまわっていました

各地の美しい風景、美味しい郷土料理を

楽しみながら10年間務めました

 

 

結婚後は暫く専業主婦として

子育てをしながらお家に居る毎日

子供が小さい頃は、社会との繋がりは

インターネットだけの日も多々ありました

 

ファッションよりも、食器の方が好きで

ネットで数時間掛けて、好みの食器を

探すこともよくありました

 

 

ある時、東京にお住まいの方のブログで

ポーセラーツという言葉を知りました

 

お友達がポーセラーツインストラクターを

取得している内容で

その時は詳しくはわかりませんでしたが

転写紙を細かくカットしていたので

器用な人がするものという印象でした

 

 

長男が小学生に入学した時に

学校の家庭教育学級の案内で、再び

ポーセラーツの言葉を見ました

 

札幌でも出来るんだ!と検索した所

札幌市内とはいえ我が家からは遠く

車の運転が出来なく、次男が幼稚園で

早く帰ってくるから・・と諦めていました

 

一方、東京では、どんどんポーセラーツサロンが

増えていくのをインターネットで眺めていました


そのうち、個人で転写紙を作る方も出て来て

ポーセラーツは一気に今どきのオシャレなクラフトになりました

 

憧れつつポーセラーツのブログを検索していると

次男が小学生になった時に

恩師が札幌駅でサロンを開いたので早速

体験に行き、すぐにインストラクターに申し込みました

 

勢いある私に、恩師もびっくりして

一度ご家族にも相談してから…と心配してくれました

 

確かに資格取得は時間もお金も掛かります

でも私は、ポーセラーツを一生の趣味にしようと決めていたので

結局家族に相談しないで決めました(笑)

 

初めは教室を開く気はなく趣味でしたが、焼成も自宅でと思い、電気炉を購入する為にアルバイトをしながら通いました

 

家事、育児、仕事に習い事

一気に忙しくなりましたが、充実した毎日

結婚して10年間家庭に居続けた反動で

楽しい趣味の世界に入っていきました

 

2014年3月

日本ヴォーグ社 日本キルンアート協会認定の

ポーセラーツインストラクターになりました

 

資格取得が目前になる頃から、ポーセラーツの楽しさを沢山の人に知って欲しいと

いう思いともう一つ

将来の自分の為に、自宅教室を開く決意をしました

 

今は元気で外で働けますが、年を追うごとに(当時の)職場で働くのは難しい

この仕事を辞めた後はどうする?

また新たに仕事を探す?スグに見つかる?

 

たとえ趣味でも、資格を持っていれば

どんな未来でも対応出来ると思い、講師業を始める事にしました

 

2016年10月 

日本ヴォーグ社 日本キルンアート協会認定 ガラスフュージング インストラクターになりました

 

 

今は別の職場で、60過ぎても元気なら働ける仕事をしながら、講師業をしています

 

パートと講師業

自分の好きな事をしているので、ストレスはありません

物欲も減り余計な物は買わなくなり

生徒様が来るのでお家の中はキレイになりました。

良いことづくめで、次第に夫の理解も深まり家族皆で協力してくれます

 

 

お母さんのご機嫌次第でお家の雰囲気って変わります 

ご機嫌なお母さんで居続ける為に

主婦でも自分という存在を忘れずに

子供や家族の為だけでなく、自分の為にも人生を楽しみたいと思います